« SEOは終わるのか?いや、そもそも不要じゃない? | トップページ | Google AdWordsに広告を出してみた »

2011/06/07

手のひらの上の商売

WWDC 2011始まりましたね。
私も、ジョブスのキーノートが気になって早朝に目覚めて途中から生中継を見ました。

個人的には、OS XとiOSの融合について、言及するのかな?というのが注目点でした。
Lionのユーザーインタフェースは、明らかにiOSとの融合を目指していると思っています。

・フルスクリーンでアプリケーションを操作
・ランチパッド
・マルチタップジェスチャ

上記はiOSの特徴であり、これをOS Xに取り入れているのが、私がそう思う原因です。
噂ですがARMプロセッサで動くMacBookAirを作成中との話もありますし、
水面下では融合したOSが開発されているのではないでしょうか。

さて、
Appleに殺されてしまうひと達まとめ
という記事が話題になっています。

iOSは確かにゴールドラッシュを生み出しましたが、相当の会社が胴元のAppleによって
仕事を奪われています。

これについて、やはり異議を唱える方は多いようです。

せっかく囲い込んだ開発者の仕事を奪うとは何事か!
アプリ開発者を馬鹿にした行為だろ!
とか。

でも、Windowsでも標準でZIP展開できるようにしたり、
DVDが標準で再生できるようになったり、同じことはやってるんですけどね。

AppleもMicrosoftも、製品の品質をあげたいというのが根本にあるわけですから
標準提供されるアプリケーションとの戦いというのは、そのプラットフォームで
商売する以上は避けられない問題だと思います。

他人の手のひらの上で商売をするからには、この覚悟が必要です。
標準アプリではなく、こちらを使おうという気にユーザーをさせなくてはいけない。
個人でカメラアプリを開発している方は苦しい戦いになるでしょうね。

とはいえ、Androidという荒野で生きていけるかも不安ですね。

スマートフォンアプリブームで独立した技術者さんはどうなるのでしょうか…。

« SEOは終わるのか?いや、そもそも不要じゃない? | トップページ | Google AdWordsに広告を出してみた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12417/51883984

この記事へのトラックバック一覧です: 手のひらの上の商売:

« SEOは終わるのか?いや、そもそも不要じゃない? | トップページ | Google AdWordsに広告を出してみた »